宮本信子の息子は俳優だった?次男の画像はあるの?伊丹十三の子供兄弟について

今回は宮本信子さんの息子さんのことについて調べてみました。

宮本信子さんは2人息子がおり、伊丹十三さんを夫に持ちます。

映画監督としての伊丹さんの息子様はどんな方なんでしょうか?

また、画像はあるんでしょうか?詳しく調べてみました。

宮本信子の旦那:伊丹十三と結婚!夫との馴れ初めは?ドラマや映画タンポポ
近年の宮本信子さんといえば、「あまちゃん」などの優しいお祖母さん役や、化粧品のCMでおなじみですね。しかし、女優・宮本信子といえば、やはり伊丹十三監督作品での「個性的なオバサンの役」のイメージが強い人が多いと思います!そんな宮本信子さんの夫
宮本信子の息子は俳優だった?次男の画像はあるの?伊丹十三の子供兄弟について
今回は宮本信子さんの息子さんのことについて調べてみました。 宮本信子さんは2人息子がおり、伊丹十三さんを夫に持ちます。 映画監督としての伊丹さんの息子様はどんな方なんでしょうか? また、画像はあるんでしょうか?詳しく調べて...
宮本信子の昔は脱いでる?若い頃(阪急電車)の画像とあまちゃんの演技が上手い!
プリオールのCMで女優の原田美枝子と2人で一緒にとびっきりの笑顔が素敵な宮本信子さん。最近では、ドラマや映画などで優しいおばあちゃん役でたまに見かけます。ドラマ「この世界の片隅に」でもやっぱり優しいおばあちゃん役を演じていました。そんな宮本
宮本信子が化粧品コマーシャル「プリオールファンデーション」に原田美枝子とCM共演!
主婦に大人気!!連続テレビ小説の過去5本も出演している宮本信子さん。ベテラン主婦で、宮本信子さんをご存知ない方はゼロなのではないでしょうか。そんな知名度抜群の宮本信子さん最近ではコマーシャルにも出演されていますので、ちびっこたちもお顔は見た

 

スポンサーリンク

宮本信子の息子(長男)は俳優?画像は?

まずは長男の情報からです。

宮本信子さんと伊丹十三さんの間には2人の息子がいます。

長男は俳優の池内万作さんです。長男の池内万作の万作は、父方の祖父・伊丹万作(本名池内義豊)の芸名の万作を採ったと思われます。

以下はプロフィールになります。

 

名前:池内万作(いけうちまんさく)

出身地:東京都

生年月日:1972年3月27日

身長:180cm

体重:67kg

血液型:O型

現職:俳優

所属事務所:東宝芸能

1989年、和光学園高校2年生の時にアメリカの高校へ編入し91年に卒業。

その後ロンドンへ渡り、リー・ストラスバーグ校にて3年間、演技と脚本を学んで帰国。

帰国後の1995年に映画「君を忘れない」で俳優デビュー。

以後連続テレビ小説では

あぐり(1997年)-福沢南

どんど晴れ(2007年)-西田一敏

花へんろ(1997年)

大河ドラマでは

利家とまつ~加賀百万石物語~(2002年)-豊臣秀吉

龍馬伝(2010年)-三条実美

などなど数多くのドラマや映画に出演。

これはNHKドラマの出演作品ですが、NHKだけでもこれだけの本数に出演されています。

間違いなく日本を代表する俳優と言っても過言ではないでしょう。

 

最近ではコラムの連載、朗読や音楽番組の配信など、多方面で活動中です。

自身のホームページでもユーモアがあふれ、サービス精神旺盛な才能を発揮しているそうです。

長男は俳優さんであることがわかりました。

最近の出演作品は記載していませんが、しっかりと活動されており、ドラマの出演も多数あります。

多方面でも活躍中なのでどこかで見る機会がありそうですね!!

 

池内万作のユーモアな一面

出演作品が多い実力派の池内万作さん。そんな彼には、意外にもユーモアある一面があるとか。

池内万作さんは、アウトデラックスで裸足(はだし)で走る俳優と紹介された通り、裸足で走るのが好きなようです。

そんな池内万作さんが2016年に、WEB音楽番組「MUSIC SHARE」の代表の本田みちよさんと結婚なさっていますが、奥様もきっとユニークな方じゃないかと思われます。

お子さんが出来たら間違いなく裸足で生活させるでしょうね(笑)。

裸足保育は足の底の感覚を養うのに最適と言われていますし、まわりまわって良い教育になりそうです。

奥様もどんなユニークな方なのかも気になりますね。

 

スポンサーリンク

宮本信子の次男は?子供の画像はあるの?兄弟との関係は?

続いて次男の情報を追っていきましょう。

次男は池内万平さんといいます。

子供の頃(1984年)に伊丹十三監督の「タンポポ」に「ターボー」役で出演しましたが、母親の宮本信子さんによると、「助監督に怒鳴られすぎたのか芸能界に興味がない」とのこと。

他に出演しているのは1984年「お葬式」で次郎役として出演しています。

そののちは「伊丹十三記念館」の評議員に名を連ね、また伊丹プロダクションの取締役をなさる等、完全に裏方に回っているようですね。

今は一般人になったせいか、池内万平の詳しいプロフィールはウィキペディアには出ていませんね。

あまり詳しい情報はありませんでしたが、長男とは違い俳優や芸能界には興味が無いようですね。

それらしい画像も見つかりませんでした。

しかし、一度作品に出演していることから「やらず嫌い」というわけではないのは好感が持てます。

裏方に回り、取締役をするなど「裏の主役」という感じが伝わってきます。

 

スポンサーリンク

宮本信子さんの経歴

宮本さんの経歴も載せておきます。

宮本信子さんは1945年北海道小樽市生まれ。

1963年に高校を卒業後、文学座付属演劇研究所に入所。

1964年に劇団青俳に入団し、その後フリーとなります。

1969年に12歳年上の映画監督・伊丹十三さんと結婚。

当時の伊丹十三さんは映画監督ではなく、俳優・イラストレーター・デザイナー・エッセイストなどをこなすマルチタレントでした。

宮本信子は、朝ドラの「あまちゃん」の祖母・夏ばっば役ひよっこ」の洋食屋すずふり亭の女将役で再ブレイクしていますね。

若い頃は、20年前に亡くなった夫で映画監督の伊丹十三監督の作品である、映画『お葬式』や『マルサの女』で一世を風靡した大女優です。

2014年には学問や芸術、スポーツなどで功績を残した人に贈られる紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章しています。

20年前にも一世を風靡され、2014年には紫綬褒章を受賞するなど、記載した通り大女優であることがわかりました。

長男が俳優を目指すのも納得の一言と言えます。

旦那さんが映画監督と環境にもかなり恵まれていますね。

 

スポンサーリンク

夫・伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんについて

では、旦那さんの詳細も見ていきましょう。

戸籍名は池内 義弘だが、家庭では岳彦と呼ばれて育った
ため、本名・池内岳彦とされる場合もある。

映画監督の伊丹万作は父。女優の宮本信子は妻。
長男は池内万作。次男は池内万平。

本名:池内 義弘(よしひろ)または 池内岳彦(たけひこ)
生年月日: 1933年5月15日
生まれ: 京都府 右京区鳴滝泉谷町
死亡: 1997年12月20日(64歳没)、東京都港区 麻布台
配偶者: 宮本 信子 (1969年 – 1997年)、 川喜多 和子 (1960年 – 1966年)
子供: 池内 万作、 池内 万平

主な作品:映画『お葬式』『マルサの女』シリーズ
『ミンボーの女』『スーパーの女』『マルタイの女』

受賞:ブルーリボン監督賞 1984年『お葬式』

数々の作品を作り上げながら、ブルーリボン賞も獲得しています。

しかし64歳で亡くなっているのはかなり早いと思います。

死因についても見ていきましょう。

 

伊丹十三の死について

前述したとおり、伊丹さんの死について詳しく調べてみました。

1997年12月20日に伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で、マンションから転落死し遺体となって発見されました。

その死には様々な説が飛び交いました。

1992年に「ミンボーの女」が公開されて襲撃事件があったことなどから、反社会的団体の関与を疑う声がありました。

しかも、実は写真週刊誌からSMクラブ通いや、26歳OLとの不倫疑惑が取りざたされていました。

そして、写真週刊誌「フラッシュ」では死後に事務所のワープロから「身をもって潔白を証明します。何もなかったというこれ以外の方法では立証できないのです。」という遺書らしきものが見つかりました。

しかし、伊丹十三さんは生前文字を書くことに人一倍愛着があったため、ワープロで残った遺書には不自然だとも言われました。

また、転落死後の司法解剖の結果、伊丹はすきっ腹にヘネシーをボトル一本飲んでいる。

血液中のアルコール濃度及び残留量の分析の結果、短時間で体内に入ったものと推定される。

度数40度のヘネシーブランデー1本を短時間で飲み干し、したたかに酩酊した人間が、一人で階段を上り「争った形跡がなく」さもシラフのように静かにフェンスを乗り越え、ビルの屋上から落下したのである。

これらを踏まえてもかなり不自然であることがわかります。

結局真相は明らかになっていません。

かなり不自然ですね。

不審な点はワープロを使用したことと、度数の高いブランデーを短時間で飲み干したということ。

暴力団関係のトラブルとのうわさもあることから、その可能性はぬぐい切れないと思いました。

女優
ディープ大暴露ニュース☆芸能人の父母親・兄弟姉妹・子供